FC2ブログ
プロフィール

ホッシーナ

Author:ホッシーナ
目標は、へなちょこランナーからの脱皮!
Enjoy ランニング!


もう一つのブログはこちら。
子供と一緒に大きくなろう



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ホッシーナのランラン☆ランニング
東京マラソンを走りたい!とエントリしてから走り始め、2011年当選&完走。その後も、なんだか続いているランニングの記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢く走るフルマラソン―マラソンは「知恵」のスポーツ  レバレッジメモ
賢く走るフルマラソン―マラソンは「知恵」のスポーツ そんなに頑張らなくてもいいみたい。希望が出てくる。著者はサブスリーランナーの大学教授。フォアフットを提唱。いろんなことを自分の体で試している。





マラソンの記録=知恵+技術(ラニングスキル)×身体資源(長時間疲労なく持続し得る最大パワー、体重、グリコーゲン)

フランク・ショーター選手


身体の真下に接地して「プッシュする」

フォアフット着地で地面を「蹴る」のでなく、「体重を乗せて」、すばやく前方へ脚を降り出す

接地は飛行機のランディングをイメージ

歩幅を広くするのがストライド走法
ピッチを多くするのがピッチ走法

ピッチ走法に軍配をあげます

身体を一本の電信柱と意識し、それが斜めに倒れる状態をイメージ

右腰と左腰の2本の軸を意識して2本のレールの上を走るようにする

あごを上げたほうが大きな推進力を得られる可能性が高い


ニコニコペースであれば乳酸がほとんど溜まらないので呼吸が荒くなりません。逆に言うと呼吸が荒くなったら乳酸がたまっている証拠です。マラソンは呼吸が荒くなるような走り方をしてはいけない。

イーブンペースとはスピード一定という意味ではなく、生理的に負荷が一定になることを意味しています。コース条件、気象条件によってペースのアップダウンを考えなければなりません。


グリコーゲンローディング

レースが日曜日にあるとすれば、その一週間前の土曜日か日曜日に頑張りすぎないように気をつけながら合計30km走るようにしています。(一度に30km走り通してもいいし、10kmのルンルンまたはニコニコペースを休みを入れながら3回でもかまいません。)ただしその間、食事、糖の補給は絶対行わないこと。)もちろんできるだけ平地を選びます。

3日間は炭水化物を控え、タンパク質と脂肪を多くとります。そして1分から30分のルンルンペースのトレーニングのみとします。

水曜日にもう一度、日曜日と同じルンルンペースの走り込みを行い、その後炭水化物食に切り替える

体重が1kg~2kg増えれば大成功

レース当日は、スタートの3~4時間前に食事をすませましょう。その後レースまでの間は、水以外は何もとらないほうがよいようです。特にレース前15~45分に糖を補給すると、血糖値を下げる働きをするインスリンが急増してしまい、レース中に低血糖を起こし、スタミナをなくす原因になりかねませんので厳禁です。

レース前は、ストレッチや柔軟体操程度に止め、まったく走らない方がよい。
はだしランニングならば、脚の故障なしで、シューズ代0円!
ここのところ、「はだしランニング」がやたらと目につきます。

・NHKのニュースで、はだしランニングの特集をやっていた。芝の上をはだしで走っている映像は気持ち良さそうだった。
Tarzan 9/22号(タローさんが出ていた号)で、木村東吉さんがへんてこな(笑)サンダルはいて、トレランをしている記事を見た。何でサンダルで走ってるの?(はだしランニングの一種らしい)
・東ラ研HH部で、タローさんがフォアフットストライクや自作サンダルの話をされていた。サンダルは東吉さんのと、そっくりだった。
Tarzan 10/13号(ランニング特集)で、はだしランニングの特集をやっていた。

時代は、はだしランニングか?!

と思って、はだしランニングの本を借りてみました。


はだしランニングは、その名の通り、はだしで走る。
通常のランニングのようにかかとからではなく、前足の部分(フォアフット)から着地、体の真下で着地することになる。
前傾姿勢になり、体の上下が動かない、体が持っているバネを使って走る。
はだしランニングによって、スピードが上がり記録がよくなる可能性があるとのこと。
はだしは、「0円の完璧なシューズ」だそうだ!

前足部分は、かかとの2倍の幅がある。確かに着地の衝撃をしっかり受け止めてくれそう。
幅はあるけど前後の長さがないので不安定で、自然に体が前に出て前傾になるのだという。

試しに、はだしランニング風に走ってみた。ひゃー、自然に前傾になり、嘘みたいにスピードが出る。
速く走れる自分に慣れていないので、怖くてストップしたくらいです。
これはいいかも?少しずつ試してみようと思います。

そうはいっても、はだしで走るの痛いでしょうと思うのですが、皮膚が厚くなるらしいです。
地面にいろいろ落ちているだろうし。。。

という根性なしの私のような人のために、Tarzanのはだしランニング特集には、はだしランニングができるシューズの紹介がありました。
はだしランニングというと、ファイブフィンガーズが有名だけど、他にもあるということが分かりました。(p62)要チェックです。

(クリックで拡大)
はだしランニングシューズ


はだしランニング、面白そうだ。というわけで、今は、はだしランニングブームのさきがけとなったBORN TO RUN読んでいます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。